シザーズドアを実現する:180SXに汎用ガルウィングキットを取り付ける方法

ド迫力カスタマイズの一つガルウィング

ヤフオクにて格安にガルウィングキットを仕入れられたので取り付けてみました。

結論から言いますとヤフオクの汎用ガルウィングキットはドアが大きい車向けでしたので

キット自体がものすごく大きく180sxに取り付けるには困難すぎたので

ガルウィングにしたい方は絶対に180sx用のガルウィングキットを買うことをお勧めします。

Amazon | DWING ガルウイングキット S13 S14 S15 シルビア 180sx 240sx 用 シザーズドアー | 外装・エアロパーツ | 車&バイク

ガルウィングの取り付け方法

  1. ドアをヒンジから外す
  2. カプラーを外す

ドアはかなり重いのでできれば2人以上で作業する方がいいです

13系はドアヒンジが溶接されているのでヒンジを切断しなければいけません。

切断してしまうと元のドアに戻せなくなるのでやる人はよく考えてからやりましょう。

ヒンジを切断する際は鉄粉がかなり飛ぶので切断するところ以外はなるべくバーなどして保護しましょう。

ヒンジがあったところにガルのヒンジが来るので、溶接で切った場所に土台を作ります。

今度はフレーム部分にガルキットを仮合わせしてフレームに干渉してしまうところを切断します。

ここをフラットにしないとガルヒンジはつけれません。

フレームを切ってしまうと合成が悪くなるのできちんと溶接し直して強度を戻します。

ボディ側がフラットになりガルヒンジを取り付けられるようになりました。

ボディ側はボルト4本で固定。

ガルヒンジが大きすぎるので干渉してしまうところはすべて気合でカットします。

ガルヒンジが干渉するところをカットしてドア側のヒンジは溶接で取り付けます。

この時点では点で溶接し、ダンパーをつけてドアの開閉具合と高さ調節をします。

ドアを上にあげたときに左右に揺られるのを防止するためにボルトで固定してあげます。

溶接しなおしたボディとガルヒンジとドア側のヒンジ部分はすべて塗装して錆を防止。

あとはドアの最終微調整をしボルトにロック剤を浸透させて完成です。

まとめ

無理くりつけたような感じですが何とかつけることができました。

ですが、細かいところを言うと

フェンダー干渉でカットしなければならないのとそれでもガルヒンジがデカすぎて当たるので

フェンダーを外に出して取り付けたのでボンネットとの隙間ができてしまいました。

この隙間は何かで埋めるかフェンダーを別の物に変えようか検討中です。

ドアとフェンダーの隙間も全くあっていないのでかなり気になります。

なので冒頭でも言いましたが、専用のガルキットでつけることをお勧めします。

車のカスタマイズ投稿を上げていきます!
180sx H10 後期型

sedoをフォローする
スポンサーリンク
sedoをフォローする
EDEN Racing

コメント

タイトルとURLをコピーしました