DIY愛好者向け URAS ノムの箱舟 取り付けレビュー

こんにちはこんばんはsedoです。

オートサロンで購入した「ノムの箱舟」を180に早速取り付けてみました!

袋から開封すると、鉄の棒(箱舟本体)17ミリのナットが2本、19ミリのナットが1本

これだけです。

作業はもうそれは簡単です。

3本のボルトナットで止めるだけです。

どうやらシルビア、180sxには助手席側だけフレームが途中で切れているという不可解なところがあるそうです。

この写真のように、途中で切れちゃっています。

作るのめんどくさくなっちゃったんですかね???笑

とまぁこんな感じで取り付け後です。

最初、右側のボルト19ミリを設置しときます。下から鉄棒を被せるため

そしたら、左側から鉄棒をぶち込んで穴が合うところを探りながら17ミリボルトを2本差し込んで締めるだけ。

最後は最初に設置しといたボルトが鉄棒の穴に通るように被せて19ミリのナットで締めて終了。

~取り付けてみた感想~

Twitterなどでも大絶賛なこの商品。

ほんとに半信半疑で買ってみたのですが、ある程度スピードに乗った状態でのコーナリングがかなりストイックになりました。

ステアリングをきったらその方向にすんなり、クイックに動くようになって「こりゃすごいわ」と思わず口に出してしまいました笑

こんな棒を取り付けるだけでこんなにも変わるなんてとみんな口をそろえて言っておりましたが本当でした笑

ぜひ、シルビア、180sxに乗られてる方試してみてください^^

ではまた次の記事で会いましょう👋


車のカスタマイズ投稿を上げていきます!
180sx H10 後期型

sedoをフォローする
スポンサーリンク
sedoをフォローする
EDEN Racing

コメント

タイトルとURLをコピーしました