APEXI パワーFCの効果的な取り付けとブーストアップ方法:180SXでパフォーマンスを向上させる

こんにちはこんばんはsedoです。

今回は今の180のブーストアップをしたので投稿アップしていきます。

大体は前に乗っていた180の移植と壊れてしまった部品を取り換えたくらいなのでそんなに難しくはなかったです。

ただ、コロナワクチンを打った日に作業をしたので時間もかかりましたし、腕も痛かったです笑

ほんとバカですよね~笑

では、作業工程に行ってみましょう!

~ブースト計の取り付け~

こちらオートゲージF355のブースト計になります。

以前はデフィのブースト計を使っていたのですが壊れてしまったので購入いたしました。

デフィのメーターは高すぎるので貧乏人の僕には手が届きません笑

こちらはヤフオクで8811円で購入いたしました!

今現在どこ探してもこのブースト計が出てこなくなったので買ってよかったです💦

メータ本体以外の付属部品はこちらです。

まずは、ブーストセンサーの取り付け位置を決めて取り付けた後にセンサーの配線を車内に引き込みました。

その次に電源取りです。僕はめんどくさかったのでオーディオの配線からエレクトロタップでつなぎました。

エレクトロタップはショートの原因や接触不良の可能性が非常に高いといわれていますが、ちゃんと取り付けを行えばそのような心配はありません。

ですが車内限定です。

チューブとエアフィルターを接続してすべての配線をメーター本体につないで見えやすい位置に取り付けしました。

~イグニッションコイル交換~

次にイグニッションコイルの交換です。

これは前の180からの移植なのでちょちょいのちょいでした笑

ブーストアップするのには必要なのできちんとやりましょう!!

~エアクリーナー交換 APEXI パワーインテーク~

さてお次にこのだっさい純正エアクリーナーを交換します。

前の180のエアクリーナーは潰れて壊れてしまったので購入しました。

APEXIのパワーインテークです。

こちらヤフーショッピングで12673円でした。

今回の作業で一番めんどくさかったです笑

まずは、純正のエアクリーナーを外していくのですが、これがなかなか外せなくて時間的にもワクチンの副作用で腕の力もなくなってきて、最終的にぶち壊して外しました笑

外し終わったら、新品のエアクリーナーの組み立てです。

これもまためんどくさくて、説明書が分かりにくくてうまく組み立てられず苦戦しました。

ステーの位置や向き、ボルトの締める順番を考えながらやるのがもう本当にめんどくさかったです。

あたりはすっかり夜になってしまいましたが何とか取り付け終了しました💦

~APEXI パワーFC 取り付け~

そして今回の大目玉、APEXI パワーFCを新たに購入しました!!!!!

お値段 93853円・・・・・・。たけぇ・・・。

前の180は、純正CPUの書き換えでブーストアップをしていましたが、今回は思い切ってパワーFCを取り付けました!

取り付けは非常に簡単で、純正CPUを取り外したら同じようにパワーFCをカプラーオンするだけで完成!

FCコマンダーはCPU本体に差し込む場所があるので差し込んでからCPUを取り付けたほうがいいかもしれません。

軽い初期設定を行った後に試運転。

ブースト計もしっかり動き変な音などもしなかったので何とかすべての作業が終了しました💦

この日は急いで取り付けを行ったので体もへとへとになりしっかりワクチンの副作用で熱を出し三日間寝込みました笑

自業自得です・・。笑

後日、前の180に取り付けていたトラストのブーストコントローラーを取り付けて今は1キロのブースト圧で楽しく乗っています^^

まだまだ、いじっていくのでこれからの改造投稿をお楽しみに!!

では、また次の記事で会いましょう👋

紹介したパワーFCの詳細は下記のサイトから見れます!

前期~後期までに分かれていますので間違えないように注意してください!



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

■アペックス APEXi パワー FC RPS13 (後期) 180SX SR20DET POWER FC
価格:115060円(税込、送料無料) (2023/1/13時点)


車のカスタマイズ投稿を上げていきます!
180sx H10 後期型

sedoをフォローする
スポンサーリンク
sedoをフォローする
EDEN Racing

コメント

タイトルとURLをコピーしました