URAS ソリッドシフターの魅力:180SXに取り付けてみたレビュー

こんにちはこんばんはsedoです。

最近、ずっと使ってきたクイックシフトが調子悪くなってきてシフトの入りがあまりよくなくなってきたので新しいシフトを購入いたしました!!

僕のお気に入りのメーカー URASのソリッドシフター 10780円(税込み)

僕の180はURASのものがたくさんそろっているので、どうせならと思い同じメーカーのものを購入しました。

中身はソリッドシフター本体とデカいリング1つにプラスチックの小さいの1つ。

まずは、シフトノブ外してセンターコンソール取っ払いまーす。

さあ、どんどんとっていきますよー

センターコンソール全て取れたら土台の四点、ボルトを外していく。

はいとれました!

この黒いゴムを少し上にやると、また小さな六角のボルトが出てくるのでそれ外す。

ボルトは落とすと面倒なので、慎重に・・・。

とれました~!

どうやら、この先端のプラスチックが経年劣化でどんどんがばがばになっていくのが原因らしい。

そして大変だったのが、さっきの黒いゴム!!!

あれを外して新しいシフトにつけないといけないのでめちゃんこ苦労しました💦

めちゃくちゃきつくて指が痛くて、さらにミッションオイルもべたべたについていたので手もめっちゃ汚れて本当に大変でした・・・。

なかには、ドライヤーであぶって柔らかくしてとる人もいれば、切れ目を入れて取って取り付けた後にタイラップで修正する人もいれば、交換の利く商品だから新しく買う人もいるみたいです。

間違いなく楽なのは、新しいものを買うですよね笑

僕は無理やり脱がしました笑

案の定手は油まみれで最悪です・・・。

あとは、新しいシフトの先端にプラスチックのやつをつけるのですが、到底手じゃびくともしません。

調べたらハンマーなどでたたくと一発らしいので、新しいシフトにタオルを巻き付け、古いシフトをハンマー代わりにしてたたきつけました笑

これは思ったよりうまくはいらなくて、少しだけ苦戦しました笑

ほんと、しっかり工具をそろえましょうね💦

あとは元の手順でシフトをはめ込み、上からデカいリングを通して、さらにその上からさっきとった黒いゴムをつけて、元に戻していけば完成。

見た目は全然変わりません!

試乗した感じは、思ったよりストロークは短くない?むしろ長く感じるかも?気のせいかな?

みたいな感覚でした。

前のクイックシフトは廃車になった180についていた時のもので、当時その180を運転したときシフトはいった?これで1速入ってるの?!って感じでかなりストロークが短かった気がしたんです。

しばらく運転してみて、思ったよりクイック感はありませんでしたが、なんかすごく気持ちいんですよね笑シフトの入りが・・・。無駄にシフトチェンジしたくなるような笑

スコスコ感はかなりいいのかもしれません。

あと、一つデメリットとして、異音がしますね。

これは、評価にも載っていたので気になる人はお勧めしません。

僕は買ってしまったので、しばらくこれで乗っていこうと思います。

僕個人の評価だといまいちというところですかね・・・。

僕のつけ方が間違ってるのかな?と心配になります笑

いろんなクイックシフターがあるので、ひとつ参考程度にしてにてください♪

では、また次の記事で会いましょう👋


車のカスタマイズ投稿を上げていきます!
180sx H10 後期型

sedoをフォローする
スポンサーリンク
sedoをフォローする
EDEN Racing

コメント

タイトルとURLをコピーしました